スタッフブログ

infomation

子供部屋、何歳から?何畳がマスト?

2022-08-26

こんにちは、PRデザイナーの清水です。

今回は、「子供部屋の要不要や広さについて」のアンケート結果をご紹介します。

子供部屋イメージ

 

ゼロリノベを運営するgroove agentが、首都圏に住む30~40代の既婚女性を対象に行った調査によると、

8割以上が子ども部屋は必要だ、と回答したそうです。

 

いつ頃から必要?

アンケートでは、「小学校高学年」が最多の40.0%で、次いで「小学校低学年」が30.5%という結果に。

試験勉強や受験が控えている「中学生以上」も21.2%いました。

 

子供部屋は10~12歳になったら……と考えている方が6割。

そこから、高校卒業や大学入学の18歳~20歳まで使う、とすると、10年程度が子供部屋の活躍期間と言えそうです。

 

高校卒業後は、家を出て進学したり、就職する、というお子さんも多いでしょう。

子供部屋イメージ

 

どれくらいの広さが必要?

調査で最多だったのは「6畳」の54.6%でした。

 

広さの前提となる「子供部屋に置くもの」としては、

・学習机(78.1%)
・本棚(75.6%)
・ベッド(68.8%)
・エアコン(62.7%)
・クローゼット(53.8%)

という結果。

 

確かに、広いと使い勝手は良いかもしれません。

ただ、子供部屋は10年前後しか活躍しないかもしれない場所です。

仮に2部屋取ったとすると、12畳を10年間だけのために確保することに。

 

考え方や、使い方の柔軟性が鍵

子供たちに、きちんとした学習環境を与えること。

そして、子供たちが使わない期間も、活用できる場所にすること。

この両方を柔軟に行き来できる間取りや設計、考え方が鍵になりそうです。

 

親の書斎として使う

子ども達が使わない時期は、親の書斎として使うのもお勧めです。

物置など使わない部屋にしてしまうと、家へのダメージが少なからずあります。

家そのものを長く保つためにも、「部屋の活用方法」をあらかじめ定めておきたいですね。

本棚イメージ

 

子供部屋を小さくしておく

学習机とベッドなら、3.5畳の部屋でも問題なく収まります。

書籍は電子で賄ったり、着なくなった服は定期的に処分するなど、整理整頓によって、子供部屋の荷物量を調整することもできますね。

きょうだいの年齢差を活かして、

「最初の3年は上の子だけの部屋」「間6年は3.5畳ずつ」「最後3年は下の子だけの部屋」など

部屋そのものをフレキシブルに使うことも、方法の1つです。

 

家族への思いやり

子供部屋の有無や広さで悩むのは、家族への思いやりの表れだな、と感じます。

 

条件や、ご予算や、時の流れを考えると、あらゆる場面で万事ピッタリ!が難しいですよね。

こんな時こそ、優先順位や、先人のアドバイス、そして私達工務店のプロの視点を活用して、

満足が大きい選択をしてほしいと思います。

 

レイアウトの清水でした。

参考:子ども部屋は何歳から必要? その理由は? 不要派の意見も

Copyright ©ray-out. All Rights Reserved.