Voice

Oさま邸/幸田町

6年住んで思うこと。

共感住宅との出会いは?

最初は雑誌で見つけました。
木のおうちにしたい、というのがベースにあって、雑誌に載っている木のおうちの中で、一番雰囲気がよさそうだったのと、幸田町内になる工務店だったので「行ってみよう」となりました。

レイアウトにした決め手は何ですか?

土地がなかなか見つからなくて、担当さんに、いろいろな所を一緒になってみて回ってもらったり、
本当に親身になって一緒に探してもらいました。

 

土地を決めるところまで、しっかり付き添ってくださったと思います。 そこが、レイアウトにした、最後の決め手だったかもしれません。

お気に入りのポイントは何ですか?

家具は、ほとんど造り付けにしましたが、それがとてもよかったと思っています。
後から買ってくると、どうしてもバラバラな感じになってしまいますよね。
造り付けにしたことで、一体感があって、馴染んでいます。

 

また、クローゼットは、好きな海外ドラマをイメージしたり、好きなモデルさんのおうちを参考にしてつくってもらいました。
お気に入りの場所です。

 

この家をひとことで表現するなら?

「集まるお家」。
家族がみんな帰りたがるおうちですし、両親や友達も、みんなが集まってくれるおうちになってると思います。

Copyright ©ray-out. All Rights Reserved.