野口 高司 |共感住宅ray-out 野口 高司 |共感住宅ray-out

スタッフ紹介 スタッフ紹介

おうちは永く住むものだから、
より快適な新しい生活をはじめてほしい。

野口 高司

デザイナー 2007年入社

趣味:車、家電、掃除

profile

建築業界を志したのは高校生の頃。進路調査表を書く時、はじめて将来について考えました。パソコンが得意だったのでパソコン関係の仕事も考えましたが、小学生のときに聞いた大成建設の「地図に残る仕事」というテレビCMが脳裏に残っており、身近な建物へ携わっていきたいと思うようになりました。就職後はずっと住宅設計に携わってきました。
2007年に結婚を機に、生まれ育った岐阜県から愛知県へと移り住み、住宅設計の知識を生かせるサンホームズへ入社。住宅事業部、共感住宅ray-outにて新築住宅とエクステリアの設計を担当。エクステリアも得意とする会社の特徴を生かして、建物だけでなく駐車場やお庭のエクステリアも同時に提案する、より住みやすい住まいの提供を心がけています。
車の修理も好きですが、最近の車は壊れにくいので、ドライブを楽しんだりしています。「そうだ、京都へいこう!」と思いついて、日帰り旅行に出かけることもしばしば。そこで見たもの、感じたものを大切にしています。

今の役職や仕事内容は?

主に住宅の設計をさせてもらっています。ただどんなに建物が素敵でも、エクステリアが合っていないとデザインや、住み始めてからの住み心地は良くなりません。建物だけでなく、車で駐車場に帰ってくるところからがおうちですので、エクステリアも含めてデザイン・設計をしています。

仕事をする上で大切にしていることは、住む人の立場に立って考えるということです。
おうちは永く住むものだから、なぜそうしたいのかというところまでお聞きして、こちらからもっと良くなる提案ができないかと考えています。
おうちが新しくなることで、今までの生活スタイルの延長線ではなく、より快適により楽な生活がずっと続くような、新しい価値を持っていただきたいです。

共感住宅ray-out(レイアウト)は、どんな会社ですか?

イメージを現地で形にする力が優れている会社です。図面では表現できないところも、とても丁寧に施工しています。間取りや色、モノにとらわれがちですが、出来上がりが変わってきますので、細部を気にかけて施工することはとても大切です。

仕事のやりがいや感動したエピソードは?

建築は、形がないところから、イメージして、形にしていく。そして、地図に載っていく仕事です。建物一つ一つが集まって街を作り出し、人が集まってくる。衣食住の住を担う仕事は大きな責任があると思っています。
デザインして良いものが出来上がって、でもデザインした以上のものになるのは、住まれて生活が始まってから。お引渡し後に伺ったとき、デザイン以上のカタチで住んでいただけているとき、いつもとても感動します。

今の仕事に就こうと思ったきっかけは何でしたか?

高校時代に、進路を…って言われたのが、仕事を考えるきっかけで。1988年ごろはファミコンが大流行してたんですが、それを買ってもらう前から家にはパソコンがあって、身近な存在でした。
ただ、パソコンって画面上でつくりだせちゃう、どこまで行ってもバーチャルなものだから、当時はその部分で仕事として選ばなかったのかな、と思います。今だとそこまでバーチャルっていうことに対する抵抗も少ないですけどね。
そういう意味で、やっぱり「地図に残る仕事」っていうキャッチフレーズは印象が強かったです。かといって「橋をつくる!」っていうのも実感がなくて。自分が身近に感じられるところを探して、行きついたのが「家」なのかな、と今は思っています。

今、興味があることはなんですか?

最近面白いなぁと思ってるのは、歴史的なところ。同じ失敗を繰り返しているんだなというのが、いろんな歴史をみるとわかってきて。だから建築ももっと歴史をさかのぼってみないといけないかな、って思っています。畳の歴史があったり、家で言えば竪穴式住居まで戻るのかもしれないけれど。
この20年だけを見ていても、間取りのとりかたも大きく変わってきていて、戦後からを見るだけでも、家の歴史って面白いだろうなぁと思っています。

休みの日の過ごし方は?

休みは、片付けと掃除をしています。メインは床。床と棚の掃除をして、片付けをして、そのあと風呂の床と壁を掃除して、っていうのが基本のルーティン。
それが終わったら子どもと一緒にテレビをみるか、ちょっとゲームをやってみるか、もうご飯をつくるか。で、昼ご飯作って食べたら片付けて。家にいるだけの日だったらそれからちょっと子どもと遊びます。
3時半、4時になったら夜ご飯を作り始めて…。効率がよくないので時間がかかるんですよね。(笑)
休日の家事は夫婦で分担しています。奥さんは洗濯物をやってくれて、あとは子どもたちとゲームをやったりしています。

座右の銘は何ですか?

「Can't see the forest for the trees」。木を見て森を見ず、という意味です。
あとは「『でも』っていうときは自分自身に言い訳をしているとき」。

あなたが尊敬している人は誰ですか?

親ですね。今の歳になって、やっぱり育てるってすごいなって思います。家のローンを払いきるのも、すごいなって。
あとは「社長」かなぁと。企業の顔として、それだけの責任を負っていることに尊敬を抱きます。

将来の夢は何ですか?

奥さんと話してるのは、「ディズニーランドの徒歩圏内に住んで、散歩に行く」です。もちろん子供たちが巣立って、自分たちが60、70になってからですけれど。
なので、またその時になったらちっちゃい家を建てないといけないのか~とか、ローンを組めないから、お金を貯めないとなぁとか。(笑)

「理由はなくても、そう思ってると、そうできる。」ってよく言うけれど、自宅を建替えて、本当にそうだな、と。10年前に中古で家を買ったとき、「10年後に建て替えればいいや」って思っていました。でも、住み始めて3、4年目の頃は半分忘れていて。建替えたきっかけは仕事で家のことを学んだからなんですが、でも、買うときに「建て替える」って思っていなかったら現実にはならなかった。考えてないことはできないから、考えてないとなぁって、感じます。

1日の流れを詳しく教えてください。

平日
09:00~ 朝礼
09:10~ 現地確認や設計図などの作成
12:00~ 昼食
13:00~ 現地確認や設計図などの作成
18:30~ 作業終了、退勤

土日
09:00~ 朝礼
09:10~ 打ち合わせ準備
10:00~ 打ち合わせ①
12:00~ 昼食
13:00~ 打ち合わせ②
15:00~ 打ち合わせまとめ・準備
16:00~ 打ち合わせ③
18:00~ 打ち合わせまとめ
18:30~ 退勤

お客さまへのメッセージ

家に限らずですが、なにか物を買うとき、
それを手に入れたことで「今までよりもなにかが良くなる」っていうのがベスト。
なにかしら生活などが楽になったり、豊かになってほしいって思います。

一生懸命になればばなるほど、小難しい言葉を使ってしまうことがありますので、
意味がわからないときは是非「わからない」と教えてください。(笑)



ray-outへのご相談

もっと詳しく知りたい方はこちら。