堀野 兼司 |共感住宅ray-out 堀野 兼司 |共感住宅ray-out

スタッフ紹介 スタッフ紹介

大プロジェクトを一歩ずつ現実に、
レイアウトのキーマン。

堀野 兼司

イエナビ 2005年入社

趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、DIY

profile

愛知県の工業大学を卒業後ゼネコンに就職。公共工事を経験し、今の戸建て住宅の仕事に就く。ray-outの歴史を知る数少ない存在。なんでもできるユーティリティープレイヤーな面を活かし、家ナビゲーターとしてコンシェルジュを行っている。
就職と同時に始めたゴルフは、競技に出て技を磨いているが、そこではただうまいだけじゃなく人間としてどうかということを多く学べた気がする。またMr.Childrenが好きで一番のお気に入りは「sign」。歌の通り訪れる人からも目立つように目印になっている。

共感住宅ray-out(レイアウト)は、どんな会社ですか?

変化をさせやすい会社です。会社は創業30年を超えていますが、現社長になってから始まった建築部門はまだ10年そこそこの新米。歴史がないので吸収がとても速く、勉強会で得た知識を皆で伝えあったり実践したりと現場に活かせるので、僕たちもやりやすい。プランナーやエンジニアが多いので、会社としては営業色が少ないですが。でも、だからこそ一人で多くのことをやれるので、僕には合っているかも。

今の役職や仕事内容は?

お金や土地の決定など、「はじめまして!」からその次に……っていうところをお話しさせてもらってます。建築会社の花形はプランナーなんですけど、その前段階のちょっと静かな打ち合わせ役ですかね。でも時間があればプランの打ち合わせにもいます。(笑)
なるべく明るく進むように話をさせていただいています。
会社在籍している年数が一番長いので、いろんなお客さまと接しています。家づくりで直面する「大変なこと」「気を付けたいこと」「整理しておきたいこと」を、具体的にご家族に伝える、と決めています。勉強した法律の知識を使うだけでなく、その歴史まで興味をもって学んでいるので、お客さまに納得していただけるお話が出来るのかなぁと思ってます。

仕事をする上で、大事にしていることはなんですか?

「平等」です。業者任せにしない。つくりあげたい「先」の完成図を持っているのは僕らなので、人任せでは実現できないからです。業者・職人さんには形にできるようお願いするだけ。
また、お客様は神様ではありません。お互いに尊重し合って必要なことが話せる仲じゃないと、結局うまくいきませんから。あとはほしがらないことを大事にしています。それぞれの都合でみんな動いていますから、まずは意見を聞いて、どう現実に近づけていくかを考えています。

また、仕事をする上でのやりがいは、決定の瞬間に立ち会えることです。土地を決めるとお金が大きく動きます。そこで一息ついて、「……始まるぞ」っていう雰囲気が、僕は好きです。
引き渡しも感動します。もらい泣きしてしまいそうになるので、ちょっとだけ困っちゃいますけどね。

スポーツ観戦が好きだということですが、どんなふうに楽しんでいますか?

たぶん小さい頃は、野球選手が好きだから見る、という感じだったと思います。
それが自分が高校野球で経験するようになって、プレイする側になって。その頃「野球を科学する」っていうのが流行ってきて、テレビでもやるようになったんですね。で、野球に限らず、バスケ、サッカーもそうだと思うけど、ずっと「動」ではない。「静」の時間があって「動」がある。待ってるタイミングとか、テクニックとかがある。そういうのは練習で身に付くんですよね。
最近では、試合のためにどんな練習をしてるのかな、っていうのに注目して観戦しています。裏方さんの準備とかそういうのが好きですよね。
その点、ゴルフは全部自己責任なので、クラブ磨いたりするような裏方も自分。エントリーすれば全員レギュラーで、補欠もない。全部自分だからそこが良いところですね。

いま興味があることは何ですか?

今は……日本史です。
多分、もともと歴史の授業とか、興味があったんです。ただ、教科書の書き方に興味を持てなかっただけで。
戦国時代の戦いとかが好きなのかもしれないけども、勉強していて、人とか出来事の繋がりに興味を持てるし、親しみやすいです。
今だったら、テレビで斎藤道山と信長の接見っていうのをやってるけど、そこに携わってた人とか、会うときにわざわざ300人を超える鉄砲隊を連れて行ったとか、それは誰が手配したのか、とか。
そういうのは、なんか見ていて面白いというか。まあ、結局仕事に興味があるのかな、今。
ああ、こういう見せ方があるんだね、っていう。
歴史は繰り返す、じゃないけど、歴史を勉強していると、「あ、こうやって生き延びられたのか」っていうところがかわるんですよ。
だから多分僕はそこに困ってるんですよね。いつもアイデアのヒントを求めてる。
この仕事をしていて、お客さんに差し出せるものを用意したいから。

堀野さんは2児の父ですが、家族についてどんなことを思いますか?

なんだろうね。
子どもっていうのはさ、また僕らの次の世代じゃないですか。で、いままでの世代が失敗してきたこと、いっぱいある。失敗してきた結果、例えばテーブルの形とか、椅子の強度とか、今あるカタチになってる。その、「なんでこれが生まれたの?」ってところは、伝えてってあげたいな、っていうのはあります。
で、その役目が来たって感じですよね。

あとは防衛本能みたいなのが、人間にはあるんだなって、いっつも思いますね。
自分の失敗があるから、「お前それやっちゃいかんよ」っていつも注意しちゃうって、みんなあると思うんですけど。
家族っていうのは、人間らしい活動をしてるなぁって。そこではさ、商売的なやり取りはないですから。人間生活、ってところですね。

3年後の目標は何ですか?

「2020年はようあれで売っとったな」って感じで思いたいですよね。
もっと上手くなりたいって言うか、生きるのが上手くなりたいって感じですかね。
今やってることが、3年後から見たら「何やっとったんだろな」みたいなことみたいになるかもしれないじゃないですか。そういうふうになってたいですね。
ま、生き方もかわってると思うから、もっと上手く、もっと上手く。

1日の流れを詳しく教えてください。

09:00~ 朝礼
09:10~ メールチェック
10:00~ お客様打ち合わせ
12:00~ 昼食
13:00~ お客様打ち合わせ
15:30~ お客様打ち合わせ
17:30~ まとめ、次の日の準備
18:30~ 作業終了、退勤

お客さまへのメッセージ

こんなアットホームな建築屋もあるんだというのを感じてほしいです。



ray-outへのご相談

もっと詳しく知りたい方はこちら。