岡崎市・幸田町の注文住宅、新築一戸建て設計事務所 共感住宅ray-out(レイアウト)

サンホームズ

"幸せな時間が永く続く”そんな家づくり 
HOME > スタッフブログ > 星野 貴也 > 家づくりでの当たり前とは?

家づくりでの当たり前とは?

2017-12-11

こんにちは、久々の登場、共感住宅ray-out(レイアウト)の星野です。
 
今更ながら、レイアウトの家づくりでの「当たり前」は、
一般的に「当たり前ではないこと」なんだと実感する今日この頃です。
 
1つは、共感住宅レイアウトのお家はどの部屋にいても丁度よい暖かさ。
もう1つは、丁度よい暖かさの部屋で、安心して生活していける家計&資金計画。
 
岡崎市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)が家づくりで当たり前にしていること
 
現在、僕が住んでいる家は、親が購入した別の住宅会社の新築です。
以前は家族4人アパートに住んでいて、少し狭さを感じていたので
今の家が30坪弱でも、家族4人で充分な広さです。
一軒家に住めたということには、とても満足しているし、親に感謝しています。
 
しかし、家が広くなった分毎月かかる費用、
ランニングコストが多くなるのが当たり前です。
 
毎月のランニングコストが増えれば、せっかく家を建てたのにアパートの時よりも、
光熱費はもちろん、外食などいろいろなことを我慢して生活しなければいけません。
 
そんな我慢ばかりの生活、嫌ですよね。
 
金融機関でもよく住宅相談会をやっています。
銀行で住宅ローンの相談をしても、ほとんどの銀行が年収を見て借りれるか、
借りれないかを判断してくれるだけで、家を買った後の生活のことは考えてくれません。
元金融機関で働いていた僕が言うので事実です。
 
借りれるか借りれないかも重要ですが、家を建ててからの生活まで考えること。
これが、共感住宅レイアウトの家づくりでは「当たり前」なんです。
 
実際、僕も購入する前に、そこまでしっかり考えていれば・・・
 
そんな僕のような思いを、これから家づくりを考えている皆さんがしないように
共感住宅レイアウトでは、まず今の家計の見直しから資金の相談をお受けしてます。
 
家を買っても今と同じような暮らしができるのか、気になる方はぜひ一度、
共感住宅レイアウトの資金計画をしてみてはいかがでしょうか。
 

こちらもおすすめ

資料請求

資料セット「暮らしのレイアウト」無料プレゼント!

共感住宅ray-outの家づくりについてもっと知りたい方へ。
資料セット「暮らしのレイアウト」を無料でお届けします。

スタッフ紹介

共感住宅ray-out(レイアウト)のスタッフ紹介

共感住宅レイアウトの個性豊かなスタッフをご紹介します。
スタッフのメッセージを通して、共感住宅レイアウトの雰囲気や仕事への取り組み方をご覧ください。

Copyright © ray-out All rights Reserved.