岡崎市・幸田町の設計事務所

サンホームズ

HOME > スタッフブログ > 二条城とうぐいす張り

二条城とうぐいす張り

2017-08-22

こんにちは。野口です。

まだお盆休みの方もいると思いますが、

共感住宅ray-outは本日から再開です。

 

皆さん、お盆はどこかへ行かれましたか?

僕は毎年、どこも行かないのが恒例なのですが、

今年は珍しく、家族で京都へ行ってきました(^^)

今回は小学生の修学旅行以来、久々に二条城。

 

こういうところへ行くと、デザインには理由があると強く感じます。

門の配置や窓の位置も何に使うのかが決まっていますよね。

 

二条城の入り口の写真

二条城は大政奉還された場所。丁度150年前の出来事。

 

二条城というと有名なのは「うぐいす張りの廊下」。

あの、キュキュキュっと音が鳴るところです。

 

意図的に音が鳴るようにすることで人が来たことに気づける

・・・と習いましたが、二条城の現地の説明書きには、

「あの音は意図したものではなかった」ということが

書いてありました・・・時代と共に事実も変わる?(^^;

 

中に入ってデザインの見れる二条城の二の丸御殿の写真

室内へ入れるのは二の丸御殿。

 

床板と金具のこすれで音が鳴るので、せっかくなので、

外を歩いているときに床下を撮影してみました。

 

うぐいす張りの廊下の床下の写真

床下を覗いていたら、周りの子供たちが寄ってきました(笑)

 

写真だとわかりにくいですが、床板を支えている木のところに、

思ったより細かい間隔で金具が付いていますね。

当時は当たり前ですが、床の断熱材なしなのでよく見えます(笑)。

 

その時代その時代で最大の技術と知識を使って作られていますが、

最近はどうしても見た目ばかり先行してしまいがち。

デザインとは見た目だけではなく、暮らしが関わってくるはずです(^^)

 

大人になってから京都に観光に行ってないな~って方がいましたら、

聞いていた情報と違ったり、新しい発見が多いので、

何を今更と言われるかもしれませんが、京都はオススメです♪

 

京都に限らず、いろいろな地域に行ってみたいので、

ここ良かったよ!って場所があったら教えてくださいね(^^)

 

Copyright © ray-out All rights Reserved.