岡崎市・幸田町の設計事務所

HOME > スタッフブログ > 玄関ドアもオーダーメイドで

玄関ドアもオーダーメイドで

2017-03-01

こんにちは、森です。

新しい共感住宅ray-outのファミリー、そして新しいスタッフと、新しいことづくめのこの頃。

以前、幸田町にある我らが事務所の改装の話を書きましたが、それに合わせてお客さん用のトイレも新設されました!

 

IMG_4159

いかがでしょう。

これまでのトイレはタイルと石が貼られた内装でした。

新しい内装は、ホワイトを基調とした、艶消しマットな印象。窓からの光で、室内がふんわりと明るいです(*´▽`*)

 

IMG_4158

ドアは引戸。

実はこのドア、新築のお家でつくるドアとおんなじ仕様なのです!

そして、打ち合わせスタジオの玄関ドアも、新築のお家仕様。

遊びに来てくださった方は、引戸と開き戸、どちらの実物も見ることができるようになったのですっ(‘o’*)

 

せっかくなので注目ポイント~玄関ドア編~!

1:表面の素材感。羽目板という、パネル式に連結して張ることができる板をはっています。

 木の種類で色や模様の印象が決まり、塗装の色でさらに複雑な印象に。

2:ガラスの有無。写真のように、小さなガラスを入れたり、縦に長いラインにしたり、ちょっとカントリーな格子窓風にしたり…。

 もちろんガラス無しの重厚感もGOOD!また、クリアガラスやすりガラスなど選ぶことができるので、外からの目線も安心。

3:引手のデザイン。艶消しのブラックやヘアライン仕上げなどの素材感と、形の組み合わせで印象が決まってきます。

 これから毎日握るものですから、使いやすさも重要ですよね。

これらに加えて、バリアフリーと断熱にもしっかり配慮♪

 

玄関ドアを引戸にするか開き戸にするか、は悩まれる方も多いはず。

デザインの自由があると、その悩みも楽しいものになってくるのではないでしょうか。

 

さて、肝心の新・トイレですが、実はまだ照明が付いておりません……。

みなさんに使っていただけるのは、もう少しだけ先になりそうです。お楽しみに。

共感住宅ray-outに遊びにいらした際は、覗いていってくださいね(^▽^)

 

 

 

 

 

Copyright © ray-out All rights Reserved.