岡崎市・幸田町の注文住宅、新築一戸建て設計事務所 共感住宅ray-out(レイアウト)

サンホームズ

"幸せな時間が永く続く”そんな家づくり 
HOME > スタッフブログ > 野口 高司 > 今年の地域型住宅グリーン化事業(補助金)の動向

今年の地域型住宅グリーン化事業(補助金)の動向

2015-07-21

 先日の加納さんのサブウェイブログ読まれました?

我が家の子供たちのサブウェイは

2人で1つ食べるのですが、

メニュー:BLTサンド+ポテトS

パン:ウィート(焼く)

野菜:ピーマンとタマネギとオリーブは抜き

   レタスとトマトは増量

   ピクルスは片側寄せ(上の子のみ)

ドレッシング:マヨネーズ

・・・という好みの偏った仕様になっています(笑)

僕はさっと言えないので、上の子にお願いしています(^^ヾ

共感住宅ray-out(レイアウト)の野口です。こんにちは。

 

 

例年、この時期は

国からの補助金があることが多いです

去年までは地域型住宅ブランド化事業。今年からは、地域型住宅グリーン化事業。

名前がちょっと違います。

 

以前ブログでは、ゼロエネルギーハウスに絞ってお伝えしたことがあります。

GW頃に募集要項が発表されて、7月上旬に決まる感じで、

今年は予算規模が昨年より増えていたのですが、

昨年まではゼロエネルギーハウスの補助金が別枠だったのに対し、

今年からは地域型住宅グリーン化事業に統合されました

 

なので、例年ぐらいあるのかな・・・と思っていたのですが、

グループでの応募なのですが、応募が昨年の約倍の数があったそうで、

例年と同じグループに参加していたら、

カナリ少なくなってしまいました(^^;

 

補助金をもらうチャンス!・・・だと思ったら、チャンスではありませんでした。すみません(^^;

うちの会社の建物は、補助金があるから補助金をもらうためにそれに合わせて建物の仕様を決めるのではなく、

そのお家に暮らす方に必要な仕様だと思うからそうしている

・・・という感じなので、お家を建てるタイミングのときに補助金がもらえたら

ラッキーだと思ってください

 

・・・というのが適切かもしれません。

ただ、応募が多かったということは、使いきれないところも出てくるでしょうから、

この夏に着工ではなく、秋や冬辺りかな・・・と検討中の方にもチャンスは出てきそうです。

 

ただし、

認定低炭素住宅の補助金はカナリ渋いようです(^^;

 

補助金はとてもありがたいですが、そこに振り回されないように気をつけて下さいね。

僕らは毎年振り回されてます(苦笑)

 

ゼロエネルギー住宅って何?認定低炭素住宅って何?って思われた方はお気軽にお問い合わせ下さい(^^)

岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅ray-out(レイアウト)の野口でした。

こちらもおすすめ

資料請求

資料セット「暮らしのレイアウト」無料プレゼント!

共感住宅ray-outの家づくりについてもっと知りたい方へ。
資料セット「暮らしのレイアウト」を無料でお届けします。

スタッフ紹介

共感住宅ray-out(レイアウト)のスタッフ紹介

共感住宅レイアウトの個性豊かなスタッフをご紹介します。
スタッフのメッセージを通して、共感住宅レイアウトの雰囲気や仕事への取り組み方をご覧ください。

Copyright © ray-out All rights Reserved.