岡崎市・幸田町の設計事務所

サンホームズ

HOME > スタッフブログ > 蓄電池がどんどん身近になってきました

蓄電池がどんどん身近になってきました

2015-07-06

7/1に赤福の朔日餅(ついたちもち)を

オーナーさんの岡崎市・M様からいただきました。

ありがとうございました(^^)

IMG_2341

今月はみずようかん?

毎月違うみたいですが、とても美味しいです。

毎月1日しか売っていないらしいのですが・・・(^^;

野口です。こんにちは。

 

 

太陽光発電はここ数年で価格もグッと下がり、

 

手も届きやすいので、屋根に載っているのを見ることも多くなりました。

 

今までは太陽の光で作った電気を売れるのが嬉しい・・・でしたが、

 

価格が徐々に落ちてきている蓄電池。

 

これとからめると使い方が増えてきます。

 

ようやく提案できるような価格に下がってきたので、

 

 

今着工しているお家に搭載予定です(^^)

 

 

そこで、蓄電池についてちょっとだけご紹介。

 

蓄電池というと、当然電気を貯めるものなのですが、

 

太陽光発電が関係してくると、

 

 

方法が2種類に分かれます

 

 

1、太陽光発電を蓄電池には貯めるタイプ

 

2、太陽光発電を蓄電池に貯めないタイプ

 

昼間に太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯める方法の場合、

 

昼間にお家の中で使った電気は太陽光発電で使い、残りを蓄電池に貯めていきます。

 

夜、その蓄電池から電気を使い、1日を通して、電気が足りないときに

 

電力会社から電気を買う方式。

 

では、蓄電池に貯めない場合はどうするのか・・・。

 

昼間にお家で使った電気は太陽光発電で使い、残りを売電します。

 

蓄電池には夜間の値打ちな価格の電気を貯めて、太陽光発電で

 

発電しないときはそこから使っていくという方法です。

 

蓄電池は、太陽光発電のように、売電的にメリットがある・・・というよりは、

 

 

安心を買うようなイメージで導入されるといいと思います(^^)

 

 

災害時に冷蔵庫の電源も切れない・・・などの安心だけでなく、

 

今後高くなっていくような気もする電気代に対しても

 

負担を少なくできると思いますので、安心ですね(^^ヾ

Copyright © ray-out All rights Reserved.