岡崎市・幸田町の注文住宅、新築一戸建て設計事務所 共感住宅ray-out(レイアウト)

サンホームズ

"幸せな時間が永く続く”そんな家づくり 
HOME > スタッフブログ > 野口 高司 > スマートホームは意外に便利

スマートホームは意外に便利

2018-06-21

こんにちは。共感住宅ray-out(レイアウト)の野口です。

Panasonicの新商品発表会に行ってきました。
今回の発表会はもちろん新製品も多数ありましたが、IoTを進めた商品もありました。

 【IoT】とは、モノのインターネットの事。「Internet of Things」の略です。

最近は、IoT(アイ・オー・ティー)って叫ばれていますが、なかなか浸透していませんね。
浸透にはもう少しかかるかもしれませんが、普及すれば今より更に生活が楽になっていくかもしれません。

 

 

以前のブログに「次回はスマートホームについての感想を書く・・・」と書いておいて、
随分放置してしまいましたので、今回書くことにしました(^^;

仮住まいを初めてから、最近流行り?のGoogleHome miniを購入。

Bluetoothスピーカー|岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)

 

GoogleHomeって何?

簡単に言うと、声をかけて使う家電です。
『このGoogleHomeなどのスマートホームから、他の家電を動かすことができる』というのが便利なところ。
ですが現状は「何がいいんだろうか?」「何が便利なんだろうか?」「何に使うんだろうか?」と、
半信半疑で試しに買ってみました。

 

【結論】意外と便利!!

 

購入したきっかけは、僕がもともと気になっていたこと、
小学生の長女が毎朝靴を履きながら「今日って雨降る?」と聞いてくるので、
GoogleHomeを玄関に置いておけば自分で質問してくれるんじゃない?と思ったんです。

 

GoogleHomを置いた初日の朝、子供に「OK Google。今日の天気は?」って声かけてねっ!て教えたら、
「なんか恥ずかしい」って言ってました。
何となくわかります、その恥ずかしい感覚(笑)。
でも、その日の夜に、子供たちはもう慣れて使ってました(^^;

 

今の我が家では、お風呂のお湯貯めるタイマーにしたり、今の時間を確認したり、天気を聞いたり。
大人はスマホでサッと天気を確認できますが、
小学生ぐらいの子供にとっては、すごく便利かもしれませんね。

 

手や指でボタンを押すのではなく、話すことで何かを動かすということが、
思っていた以上に便利だと実感できるものでした(^^)

 

「今すぐに必ず必要か」と言われると、必要性は低いですが、本当に便利なので、
家電屋さんで何個もセットで売っているのは、使い方としては正しそうです。

 

岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の野口でした。

 

岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅レイアウトの野口NOGUCHI  TAKASHI
ray-out
layout your life   since 1986

 

 

こちらもおすすめ

資料請求

資料セット「暮らしのレイアウト」無料プレゼント!

共感住宅ray-outの家づくりについてもっと知りたい方へ。
資料セット「暮らしのレイアウト」を無料でお届けします。

スタッフ紹介

共感住宅ray-out(レイアウト)のスタッフ紹介

共感住宅レイアウトの個性豊かなスタッフをご紹介します。
スタッフのメッセージを通して、共感住宅レイアウトの雰囲気や仕事への取り組み方をご覧ください。

Copyright © ray-out All rights Reserved.