岡崎市・幸田町の注文住宅、新築一戸建て設計事務所 共感住宅ray-out(レイアウト)

サンホームズ

"幸せな時間が永く続く”そんな家づくり 
HOME > スタッフブログ > 野口 高司 > 建て替え時、ピアノの保管をどうしますか?

建て替え時、ピアノの保管をどうしますか?

2018-06-14

こんにちは。共感住宅ray-out(レイアウト)の野口です。

 

雨の日が多く、豊田市にある我が家の基礎工事はなかなか進みませんでした。
ようやく、晴れ間をぬって基礎が完成。

豊田市・岡崎市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅レイアウトが豊田市で建築している注文住宅の基礎画像

今週末(6月16日)には上棟ですが、やはり天気は心配ですね。

 

建て替えのときに困ることが経験上いくつかあり、その中の一つが『ピアノ』。

 

我が家は小学3年生の長女と、幼稚園年長の長男がピアノを習っています。
今までの家では、アップライトピアノで練習をしていましたが、
仮住まいの賃貸アパートにアップライトピアノを持って行くことはほぼ無理です。

 

入り口が狭くてサイズが無理という場合や、重いから無理というのもありますが、
音の出る楽器演奏はダメとなっているところも多いからです。

 

なので、ピアノの先生からは、「電子ピアノを買ってくださいね♪」と笑顔で言われました(^^;

 

仮住まいの間だけなので、レンタルを考えましたが、
半年ちょっと借りるとエントリーモデルなら新品が買えそう・・・。
考えた結果、2年前の中古の電子ピアノを購入しました。

豊田市・岡崎市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅レイアウトのお客様が建て替え中の仮住まいで使用するピアノ

毎日イヤホンを使って練習しています

 

しかし、ピアノの購入以外で出費がかかることがまだまだあります。

 

仮住まいの半年ちょっとの間、アップライトピアノを別の場所で保管しておく必要があり、
ピアノの保管サービスにお願いすると、ピアノの輸送費往復+保管代で総額おおよそ7万円がかかります。

 

ピアノを設置する建物の設計するとき、ピアノの配置と環境(温度・湿度)には特に気をつかっています。
と同時に、建て替えでピアノをお持ちの方は、ピアノ関係に必要な予算として、資金計画に盛り込んでおく必要がありますよ。

 

豊田市・岡崎市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の野口でした。

 

岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅レイアウトの野口NOGUCHI  TAKASHI
ray-out
layout your life   since 1986

 

 

こちらもおすすめ

資料請求

資料セット「暮らしのレイアウト」無料プレゼント!

共感住宅ray-outの家づくりについてもっと知りたい方へ。
資料セット「暮らしのレイアウト」を無料でお届けします。

スタッフ紹介

共感住宅ray-out(レイアウト)のスタッフ紹介

共感住宅レイアウトの個性豊かなスタッフをご紹介します。
スタッフのメッセージを通して、共感住宅レイアウトの雰囲気や仕事への取り組み方をご覧ください。

Copyright © ray-out All rights Reserved.