岡崎市・幸田町・豊田市の注文住宅、新築一戸建て設計事務所 共感住宅ray-out(レイアウト)

サンホームズ

HOME > スタッフブログ > 堀野 兼司 > 消費税10%が住宅購入に影響するお話

消費税10%が住宅購入に影響するお話

2018-03-16

最近、現場監督の星野君と日本酒を酌み交わすようになりました、共感住宅レイアウトの堀野です。

 

住宅購入するにあたって避けては通れない消費税。
8%から10%に上がることについて、今現在決まっている事をアナウンスしておきます。

消費税増税の影響|岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)

まず増税による金額UPは、2%を足していただければ簡単に計算でてきます。
例えば、注文住宅+外構の総額が2,500万円だとすると、消費税10%になることで50万円上がります。
50万円上がるからといって家を妥協してきめたくない方、そこは大事と増税前に購入したい方がいると思います。
今回は後者の方が、増税前の8%で購入する方法をお知らせします。

2019年10月にいよいよ10%に上がるとされています。
当然、引き渡しが10月までにというのが流れですが、住宅購入は経過処置として2019年3月31日までに契約された方は、
引き渡しが10月以降になっても8%で支払いができることになっています。

着工してから完成までに6ヶ月程度かかるので、まぁその辺りで打ち切りなのも頷けます。
2019年3月辺りは建設業界も大忙しかもしれませんね。

もし、3/31以降でも8%で家を取得されたい方は建売を買うか、
10月までに引き渡しが出来る施工スピードが早い工務店に頼るしかありません。

しかし・・・
消費税10%になった後でも産業がガタガタにならないよう、ちゃんと優遇処置が待っています。
「すまい給付金」のもらえる枠拡大と「贈与税の非課税」枠の拡大です。

どっちが得なのか?と言われるとそのご家族の状況次第となってしまう現状です。
土地から探すと「ここ」と決まるまでに平気で1年かかったりしますので、相談すべきタイミングをどうか選択肢が多い今のうちに!

 

岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野でした。

資料請求

資料セット「暮らしのレイアウト」無料プレゼント!

共感住宅ray-outの家づくりについてもっと知りたい方へ。
資料セット「暮らしのレイアウト」を無料でお届けします。

Copyright © ray-out All rights Reserved.