山田 安海 |共感住宅ray-out 山田 安海 |共感住宅ray-out

スタッフ紹介 スタッフ紹介

自分の想いをカタチにできる家づくりの時間。
人生で一番楽しい時間にしましょう。

山田 安海

コーディネーター 2019年入社

趣味:映画鑑賞・ヴィンテージショップめぐり

profile

2019年に中途入社。学生時代からデザインに興味を持っていたが、はじめて入社したデザイン事務所で挫折。紆余曲折を経た後「やっぱり楽しく仕事したいし、楽しく生きたい」と再決心し、サンホームズに入社。
現在は、建築途中の家と事務所を往復しながら、お客様の家づくりに日々奮闘している。映画鑑賞やインテリアが好きで、映画と雑誌を何本も見て気分転換をしている。入社最初に聞いた庭師さんの話で、庭園や花に興味をもちつつある。最近一輪挿し買いました。

共感住宅ray-out(レイアウト)は、どんな会社ですか?

お客様との距離が近い会社だなと思います。「お客様」「会社」というきっちりした関係ではなくて、誕生日を祝ったり、人生相談したりできるくらい距離が近い。フレンドリーで友達みたいな会社。

今の役職や仕事内容は?

まだ入社して間もないですが、現場管理をメインに、広告の作成や、建材の発注など、色々やらせてもらってるなあと思います。工事日程の調整などは、人と関わりながら作業を進めています。打ち合わせ中にお客様のお子さんの面倒を見ることになった時は緊張しましたね。今はなんとか慣れてきて、しっかり打ち合わせに集中できる環境づくりを頑張っています。

仕事をする上で、大事にしていることはなんですか?

計画を立てる。見切りをつける決断力。焦ったらひとつずつ。
見切りをつけて、やることをどんどん減らすようにしています。それでも全然減りませんけど……。(笑)
やることが多いと焦って真っ白になるので、焦ったらまずはひとつずつ、そしてもうひとつ、と思いながら仕事をしてます。見えないものをカタチにする仕事のときは、相手は何がほしいのかを考えます。
相手のことを理解できるまで話し合って、そのときベストな形が見つかると気持ちいいです。

仕事のやりがいや感動したエピソードは?

お家の引き渡し式は感動しました。式の準備をあれこれとして、当日はマイホームへやってきたオーナーさまをおむかえ。式を終えてお家の設備を説明する時間。
「やりきったな」という達成感ももちろんやりがいですし、ご契約前から今まで大変だったなぁと思い返したり、新生活にワクワクしてるお客さまの表情に感動したりします。

なぜ大学でデザインを学ぼうと思ったのですか?

もともと学校の授業で美術が一番やりやすかったんです。
それから単純にきれいなものが好き、っていうのがありますね。だから別にアートでも良いんです。でも仕事としてできるように、ってなると、やっぱりデザインなのかなと思って。

好きなものを、趣味ではなく仕事に結びつけたのはどうしてですか?

第一は、お金を稼ぎたいからです。生きやすくするために、お金があるといいなぁと思っていて。趣味のこともできますし。だから仕事をすることは当然の選択です。その上で私は、自分が良いと思ったものを嘘なくやれるようにしたかったんです。自分が何とも思ってないと、推せないんですよ。人に「これいいですよね」って言えない。だから、デザイン関係でお金につなげたいな、と。
大学を卒業してからいくつか仕事を経験してわかったのが、「責任のある仕事をしたい」ってことと、「興味のあることなら自分の仕事を厳しい目で見ることができる」っていうこと。
それから、なんでもやらないといけない、というのは感じています。例えばグラフィックだけやるとなると、文字サイズに凄くこだわったところで誰の役にも立てないのに、なぜか残業になっちゃう。それじゃ意味ないんじゃないかって。色々な切り口からアクセスできる仕事や会社、ひいては自分じゃないと駄目じゃないかな、と思っています。

映画が好きだそうですが、昔からですか?

高校生ぐらいからです。でもいっぱい行くようになったのは大学生くらいから。近所に昔の映画が500円で見られるところがあったのですが、そこで『Back to the Future』を見て「くっそ~!」って。(笑)
本当に面白くて、DVDを買って、そこからハマりました。やっぱりタイムスリップするお話はテンション上がりますね。物語の終盤で、伏線を全部回収するところにスッキリします。
今はいろいろな映画館へ行くっていう目標があります。フライヤーのデザインが好みだったときも観に行きますね。それでだいたい失敗するんですけれど。(笑)そういうやつほど、パンフレットも手が込んでたりするんですよ。本じゃなくて、一枚の新聞紙が封筒に入っているようなデザインとか。内容は全然わからなくても、それだけで楽しいです。映像がすてきであれば、それもまた良いですね。そもそもお話にはあんまり期待していないのかも。微妙なのが8割。そういう気持ちです。それでも面白い部分はあるので良いんですよ。
チラシで「こういうグラフィックが好きな人に来てほしいんだな」みたいなのがあったり、「こういう人たちを集客したいんだな」って想像するのも好きだし。全部が楽しいですね。

映画以外で好きだと思うものは何ですか?

最近は猫ですね。ちょっと前まではウサギ推しだったんですけれど、猫の方が表情がわかるところがいいなと思って。私、猫って賢いと思っていたんです。でも友達の家で出会ったとき、「思ったよりなにも考えてないわ、この子」って。それで可愛いって思ったんです。
3匹くらい飼って、っていう想像は出来てるんですけどね。病院とか、その辺りをちゃんとできるのかが問題で。それにあんまり一緒にいる時間もないし、と思うと、踏み出せないでいます。でも言い訳しているだけかもしれないですね。飼うことにちょっとひるんでいるのかもしれないです。

あなたが尊敬している人は誰ですか?

誰というより、概念なんですが、「ずっと続けられる」ことです。たとえ一日一回でも、それを365日続ける、というのはすごいなぁと思います。運動とか、習慣とかですね。

あなたの得意なことは?

変化にあまりひるまないところ。すぐ動くところ。どこでも一人で行く、とかですかね。時間とお金があったら7日くらいふらっと行けます。旅行でも、仕事でも良いんですけれど。
日本なら京都とか。あとはアメリカ行きたいわー、と。ニューヨークで働きたいなと想像しています。ニューヨークはスパイダーマンがひゅんひゅん飛ぶところなので。ヨーロッパとかも行きたいですね。街の感じが好きなんです。
将来も行きたいところは全部行って、住めるところは住みたいと思っています。それが夢ですね。

手始めに、どこに住みますか?

フランスが良いかな、イタリア、イギリスも行きたい。建築がかわいいかなぁと。でもアメリカも、ニューヨーク、スパイダーマン……。イギリスは、フィクションではよく宇宙侵略されてるし……。東京や京都も良いですけど。やっぱりニューヨークに住みたいですね。
行くとしたら、それもやっぱりニューヨークです。だいたい映画だとニューヨークやブルックリンが映っていて街並みがすてきだなぁと思っています。

1日の流れを詳しく教えてください。

09:00~ 朝礼
09:10~ 事務所にて現場管理の打ち合わせ
11:30~ 建材の発注
12:00~ 昼食
13:00~ 現場確認
14:00~ 移動
14:30~ 事務所に戻って次の見学会の広告作成
16:00~ 移動
16:30~ 現場確認、今後の指示をまとめる
17:00~ 移動
17:30~ 事務所に戻って引き続き広告作成
18:30~ 作業終了、退勤

お客さまへのメッセージ

家づくりは、「自分を知ること」に近いです。
自分の好きなもの。自分はいつも何を考えて生活してたかな。これからはこう生きたい。
色んな想いが時間をかけて家になっていくんだな感じます。
普段は忙しくて向き合えない自分の声を聞きながら、家を作る時間を全力で楽しんでほしいと思います!



ray-outへのご相談

もっと詳しく知りたい方はこちら。