清水 あかり |共感住宅ray-out 清水 あかり |共感住宅ray-out

スタッフ紹介 スタッフ紹介

『いい家だなぁ』と、いつになってもしみじみ思う
マイホームであってほしい。

清水 あかり

PRデザイナー 2015年入社

趣味:読書、ものづくり、絵を描くこと

profile

新卒で印刷会社に入り印刷前のデータづくりをしていたが、夜勤で体調を崩しかけたので転職を決意。パソコンを使って作業ができる会社を探していたところ株式会社サンホームズを見つけた。縁あって入社した後は、CADを使って外構図面や建築図面を書いたり、広告物の作成、ホームページやInstagramなど広報を担当している。2週間に1度は図書館へ行き、実用書・ビジネス・心理系など興味のある分野の書籍を借りて読むのが好き。夕食の用意を30分で終えることを日々の目標にしている。

共感住宅ray-out(レイアウト)は、どんな会社ですか?

『変化』の会社。世の中はいつでも変化していますが、それを常に見つめて、自分たちも変わっていこうとしているなぁと感じます。これまでのやり方が最高だと言い切らず、もっと良くなるはず、と動いている。『業界の常識』にも囚われていないのではないでしょうか。同業他社があつまる講習や展示会へ行くとそう感じます。わたしはもともと印刷業界から入ってきたので、レイアウトが基準になっているのですが。
あとは、『待ってくれる、聞いてくれる』会社。スタッフの人数は少ないですが、それがプラスに働いていることも多いです。ちょっと確認したいとき、意見を聞きたいとき、自分の考えを伝えたい時、抵抗なくコミュニケーションがとれます。チャレンジも歓迎されることがとても多いので、いろいろと考えるのが楽しいです。

今の役職や仕事内容は?

広報の仕事をしています。今の時代ではほとんどの方がSNSを利用しており、消費者自身が情報発信をすることも一般的になってきました。だから、会社として一方的に商品をPRするのではなく、お客さまといっしょにつくりあげていけるような関係と場所づくりを目標としています。写真の撮り方や加工、言葉の選び方にしても、お客さまから学ぶことが多くて、勉強の毎日です。
具体的には、おうちの写真を撮って加工したり、宣伝物の文章を考えたり……とデスクワークが多め。図面や打ち合わせ記録をみて、オーナーさまの人柄や好きなこと、こういう生活をされたいのかなぁと、イメージを膨らませながら仕事をしています。建築途中の家へ伺うときはすごく気分があがりますね。直接お話しをする機会が少なくても、常にいろんなところからお客さまの気配を感じ取れるようにしています。

仕事をする上で、大事にしていることはなんですか?

まずは飲み込むこと。わたしはいきなりの出来事にとても弱くて、どんなに良いことでも、つい「NO」と思ってしまう。でもやってみると、意外となんでもなかったりする。やってみて、実際に「まずいなぁ」と思ったら、そのとき別案を考えれば良いんだ、と。大事にしているというよりは、「言い聞かせていること」に近いかもしれません。
もうひとつは時間を守ること。仕事だけして生きているわけではないので、勤務時間はぐっと集中して決めたことをやり切る。仕事の時間が終わったら、家のこと、家族のことにしっかり時間を使います。そうでないと、何のために仕事をしているかわからなくなって疲れてしまう。時間を守るためには段取りしたり準備したり、適当ではいけないので、張り合いも出ます。

仕事のやりがいや感動したエピソードは?

広告物や情報が確実にお客さまのもとに届いていると実感する時、一番よろこびを感じます。と同時に、「もっとワクワクしてもらいたい」「もっと素敵に感じてもらいたい」という気持ちもわいてきます。そのために、良いと思えるものを見たり方法論などを学んだりしながら、打つ手を探ります。
常に今より良くなるんじゃないかと考えられること自体が、仕事のやりがいなのかなぁと思います。

今までどんなことを学んできましたか?

他人は思っている以上に自分に興味がない、ということでしょうか。
人の目や評価ばかりに気を取られているともったいないし、やりたいことはやったほうが良い。失敗しても、たいていのことは何とかなるし、過ぎてしまえば忘れる痛みも多いんだなぁ、とわかってきました。
他人の言うことはただの個人の感想だし、最後は逃げても何とかなる。だから頑張ってみよう、ということかなと最近は思っています。

特技、得意なことは何ですか?

自分で自分をほめることです。たとえば食事の味付けで、レシピを見ずに適当にやっておいしくできたときは「最高じゃない!?」とか独りでほめています。(笑)

料理が趣味なんですか?

趣味ではないですが、料理をすることは途中の片付けも含めてけっこう好きです。趣味というと、こまごまとした実用的でないものをつくること、ですかね。
メモ帳に変なクマの絵を描いてたくさん棚に張りつけたり、思い立って粘土でクマのフィギュアをつくったり。クマが大好きで、買い物に行っては、クマの絵が描かれている商品をそれとなく探すのも昔からずっとやっています。クマの物探し、趣味ですね。

では、最近興味があることは?

刺繍です。集中して3時間以上まとめてやりたいんですけど、なかなか難しいです。図案を考えながら落書きするだけでも楽しいですね。
刺繍の本で、たくさんの縫い方が載っているものがあるんですが、それを見ていると、人間の創造力や追求したい心っていうのを強く感じます。ヨーロッパでもアジアでもそれは一緒だなって。そして自分で実際に試すことで、単純な図柄に見えていたものが、抑制の効いた技巧なんだとわかったりするのも、すごく面白いです。

今、一番努力していることは何ですか?

毎日をなるべく元気に過ごすことです。
身体の健康はもちろん、心も弾力のある状態でいたいなぁと思っています。でもなかなか難しいので、最近おはらいの本を借りました。ちょっとムッとしたとか、何かイライラするときに、自分の中だけで思い詰めていくと、負の方向へ増幅されるように感じていて。そんな時おはらいの作法ができると、それだけで心を落ち着けられるんじゃないかと思って。今まではおはらいなんて興味なかったんですけど、だんだんとそういうものを受け入れざるをえない年齢になったのかなぁ、なんて考えています。

あなたにとって理想の家は?

自分の家、という意味なら、寝台列車みたいな家が理想です。
収納が限られていて、引き出しが階段とダイニングテーブルになる、みたいな、1つで3役くらいこなす家具で構成されているのが最高ですね。狭い家だったら物が増えることもないですし。
あとはボートハウスやトレーラーハウスも憧れです。ずっと同じ場所に住むのが苦手なので、水の上を移動できたり、車輪がついていると思うと、それだけでなんだかほっとします。

座右の銘は何ですか?

『小人閑居して不善をなす』。変な出来心で必要のないことをやると、だいたいロクなことにならないなぁ、と思います。余暇を余暇として浪費できる人間になりたいです。

1日の流れを詳しく教えてください。

09:00~ 朝礼
09:10~ SNS更新
09:40~ 広報物の作成
13:00~ 昼食
14:00~ 広報物の作成
17:30~ 作業終了、退勤

お客さまへのメッセージ

マイホームは、物理的にも、金銭的にも、そして込めた想いも、とても大きなものです。
暮らし始めてからもそこで長い時間がすぎていく。だから、計画の段階からも、そして50年後も『いい家だなぁ』と思えるものにしてほしい。せっかくのマイホームですから!お客さまにそう感じていただけるよう、共感住宅レイアウトとしてできることをいつも探して、実行しています。
気になっていること、心配事、楽しかったこと、夢。ぜひお聞かせくださいね。



ray-outへのご相談

もっと詳しく知りたい方はこちら。