施工事例

Gallery

共感住宅ray-out|岡崎・幸田町・豊田で注文住宅 > 施工事例 > その他 > ながく暮らす、ブルックリンスタイル

ながく暮らす、ブルックリンスタイル

大きな横張の木の板が、ガルバリウムの外壁から飛び出してきたかのような、印象的な外観。
アメリカン、特にブルックリンスタイルがお好きなご夫婦に合わせ、 自然素材を使いながらも、インダストリアルで武骨なデザインに仕上がりました。
アウトドアやスポーツ好きなご家族の『小屋』も。
すぐとなりには広々とした駐車スペースがあるので、大きなキャンプ用品でも積み下ろしは楽々。
休日のたのしみが、より身近になります。

 

集めた雑貨が映えるおうち。

レトロデザインなランタン、ブリキのサインボード、アンティーク仕上げの星のオブジェなど、アメリカンな雑貨をたくさんお持ちだったご夫婦。 新しいマイホームは、「持っている雑貨たちをすてきにみえる空間にしたい」とのご希望でした。
ご夫婦の夢をかなえるためにモチーフにしたテイストは、インダストリアルな雰囲気が人気のブルックリンスタイル。むき出しのダクトやパイプ、打ちっぱなしのコンクリート、レンガ張りなど、倉庫のような雰囲気のスタイルです。
これをベースにして、家族でくつろぐのにぴったりな、あたたかみも持ち合わせたデザインに仕上げました。

 

『マイホームの顔』に
フォーカス。

幅広の板を貼ったキッチンのカウンター、なかなか良い味が出ている木だと思いませんか?
実は、もともと建設現場で使われていた足場板だったものを、壁の仕上げの材料としてリメイクしたものなのです。使い込まれた風合いが、新築のマイホームに心地よいユーズド感をプラスします。
オープンなキッチンととなり合うダイニングには、帰ってきたときに手を洗う手洗い場と、ちょっとしたワークスペースが。こちらの壁はレンガ張りです。ほかの小物や部屋全体の雰囲気に合うように、茶・黒・白などのトーンをおさえた色を選びました。

 

目をひく、
ビッグサイズの時計。

また、ひときわ目を引くのが、海外の駅にあるような、ビッグサイズの時計。
『DULTON BONOX』の『D.FACE WALL CLOCK』です。
つや消しブラックの、インダストリアルな見た目は、キッチンのカウンターやレンガ張りの壁とも相性ばつぐん。白地に黒い数字という、飽きのこないシンプルなデザインなので、これから長く暮らしていくマイホームにぴったりです。
家族の集まるリビング&キッチンは、『マイホームの顔』になる場所だから、10年、20年、30年先の暮らしもイメージし、じっくりと打合せを重ねてつくりこみました。

 

こども部屋も、大満足に。

アマレットシェードのランプがやわらかく照らすのは、こども部屋への入り口です。
実は、2つの部屋は完全にはくぎられていません。
それぞれ一人になれるスペースをもちながら、いっしょに勉強をしたり、ないしょばなしに花を咲かせる時間をもてるようにしています。
まるでヒミツ基地のような、ななめの天井からつり下がるのは、立体的な星形のペンダントランプ。
お部屋の明るさは、シンプルな間接照明でしっかり確保しているので、ポップさと過ごしやすさ、どちらも大満足です。

 

泊まりに来る友人も、
とりこにする。

家族ぐるみで親交のあるご友人がいらっしゃるご一家。月に一度のペースで来客が宿泊されます。
アプローチや玄関に入るところから、2階のこども部屋まで、トータルでデザインをつくりあげたご夫婦のマイホーム。
趣味やスタイルを共有し、気心の知れた仲だからこそ、きっとご友人たちもこのおうちに魅了されることでしょう。

Copyright ©ray-out. All Rights Reserved.