岡崎市・幸田町の設計事務所

サンホームズ

HOME > よくある質問 | 設備について

よくある質問 | 設備について



このページは、お客さまのお力で成長していきます。
何か疑問・質問がありましたら、電話やWEBから、またはOPEN HOUSEでお気軽にお尋ねください。

疑問・質問を送る
TEL:0564-63-6168

 

Q.憧れの洗面台のイメージがあるのですが、造ってもらえますか?

A.お任せください。

共感住宅レイアウトで注文住宅を建てた岡崎市・Oさま邸のオリジナル洗面化粧台造作の洗面台でお気に入りのイメージがある方は、写真や切り抜き等をお持ちいただけると、打ち合わせがスムーズに進みます。

 

Q.身長が低いので、既製品のように高い戸棚だと使いづらいのですが

A.ご希望の高さでおつくりします。

キッチンのカップボードや洗面台の天板は、標準的な高さでご用意しております。
ご家族の体形や使い方に合わせてその高さを変更することが可能ですので、遠慮なくご相談ください。

 

Q.どうしても使いたい機器があるのですが、キッチンに組み込んでもらうことは出来ますか?

A.可能です。

ただし、保証やアフターサービスがしっかりしていないものはおすすめしていません。
その場合は、こちらで見た目や機能が似た商品をご提案しております。

 

Q.『オープンキッチン』というものを知ったのですが、普通と何がちがうのですか?

A.専用の部屋がなく、ダイニングやリビングとキッチンの空間がつながっています。

オープンキッチンとは和製英語で、いわゆる『台所』のようにダイニングやリビングと壁で隔てられていないキッチンをいいます。
見た目の面では間仕切りがないため、LDKとして一室が広くなります。
またオープンキッチンの中でよく採用されるのが『対面キッチン』で、キッチンが壁側ではなく部屋の中心を向いて設置されます。
調理中にリビング・ダイニングにいる家族とコミュニケーションをとることが出来るので人気です。
部屋を広く見せてくれる事、家事をしながらでも家族間のコミュニケーションを増やしてくれることから、
共感住宅レイアウトにいらっしゃるご家族も、ほとんどがオープンキッチン・対面キッチンをご希望されます。

 

Q.アイランドキッチンに興味があるのですが、デメリットはなんですか?

A.広さの確保、お掃除、お値段です

まずアイランドキッチンについて簡単に説明します。
I型やペニンシュラ型が壁付け必須なのに対し、アイランドキッチンは壁に接している必要がないキッチンです。
トップ(天板)がフラットで、ダイニングからは使用中の手元がしっかりと見えるかたちです。
メリットは沢山あり、

  • おしゃれなデザインが多い
  • キッチンへのアクセスが簡単なので、準備や片付けがしやすい
  • キッチンを囲んでホームパーティーができる
  • トップをちょっとした机として使える
  • トップが比較的広いので調理中にお皿を並べられる
  • etc….

デメリットはメリットの裏返しとなります。

  • キッチンが大きいので、スペースがないと設置できない
  • トップが丸見えなので常にお掃除が必要
  • 壁付けでない分、配管などをキッチン内部に収める必要があり、お値段がかかる
  • おまけ:手元コンセントの確保が難しい

他にもこまごまとしたことはありますが、I型やペニンシュラ型と大きく異なって配慮が必要なのはこちらではないでしょうか。
共感住宅レイアウトではアイランドキッチンのデメリットもしっかりとお伝えした上で設計を進めてきます。

ちなみにI型のキッチンは壁付け必須ですが、その壁の高さと厚みはある程度調整できますので、
ご家族と会話を楽しみながらお料理が出来るキッチンはI型キッチンでも実現可能です。

 

Q.おしゃれだなーと思っているリビング照明があるのですが、付けてもらえますか?

A.ご相談ください。

共感住宅レイアウトで注文住宅を建てた岡崎市・Oさま邸の星形のペンダントランプ照明ひとつでお部屋の印象はがらりとかわります。ですので、通常はお家の床や壁の色、テイストなどとのトータルコーディネートで提案しています。
とはいえ、せっかくのお家ですから、大好きなデザインと一緒に暮らしたいものですよね。
ご希望のものがある場合は、なるべく早い段階でお家のイメージと共にお伝えいただくとスムーズです。
また、トイレやパントリーなどは『遊び』を取り入れやすい場所ですので、個性の強いものや持ち込みの照明を取り付けられる方も多いです。

 

Q.リビングでアイロンがけがしたいのですが、希望の場所に専用のコンセント(プラグ受け)を設置してもらえますか?

A.オーナーさまの生活に沿った配線の計画をしています。

コンセントは、生活を始めてから初めて使い勝手に気づくポイントでもあります。
しかしアパート住まいに慣れていると、無いなら仕方ないかな…と考えてしまいがち。
共感住宅レイアウトでは、電気やコンセントの計画だけで1回分の打ち合わせをしています。
ここに付けて良かった。多いかなと思っていたけれど、住んでみたらちょうどよかった。そんな生活を実現してください。

 


 

岡崎市・幸田町で注文住宅を手掛ける共感住宅レイアウトがプレゼントしている資料セット

暮らしのレイアウト

もっといろいろな疑問を解消したい。そんなご家族へ、共感住宅ray-outのコンセプトブック、オーナーさまのライフスタイルブック、会社案内をセットにした『暮らしのレイアウト』をお届けしています。

 

 

Copyright © ray-out All rights Reserved.