岡崎市・幸田町の設計事務所

サンホームズ

HOME > 社長ブログ > 希少性の価値

希少性の価値

2017-06-05

こんにちは。

岡崎、幸田で「ちょっとかっこいいお家」を建てる共感住宅レイアウトの山本です。

 

こう見えても、結構本を読むのは好きです。

読んでいる本の多くは、心理学的な内容が多い本です。

 

どうしたらお客さんに上手に会社の事、僕の事、うちのスタッフの事、

うちのオーナーさんになってくれた方のこと、うちの会社の取引業者さんのことを

お伝えできるかを知るために、本を読むようにしています。

心理学を勉強して、人を騙そうとしてるわけではないですよ。当たり前ですが・・・(笑)

 

さて今日は、その読んでいる本の中から、「希少性の価値」についてお話したいと思います。

人は、この世に存在する数が少ないものに価値を感じます。

 

例えば、金(きん)には価値があります。

金(きん)は、この世にある数、量に限りがありますよね?

だから、高価だし、徐々に価格が上がっていったりしています。

 

それと、一日10杯限定ラーメン!なんて言われたら、どうしても食べてみたくなります。

 

僕がいつも上手だなぁ~。商品価値を高めてるなぁ~。って、思うのが、テレビショッピング、ラジオショッピングです。

テレビショッピング、ラジオショッピングって『数量限定』とか『〇〇分以内受付』などと、

あえて「販売量」や「販売時間」を少なくしています。

これこそ希少性の価値を高めていますよね。

 

僕らも、僕らにしか出来ない、希少性の価値が高い家づくりをしています。

その価値を知ってくれたうちのオーナーさんは、売り込まれてお家を買ってはいないと思います(だって、してないので・・・)。

ご自身で、共感住宅レイアウトで家づくりをしていこう!と決めた方が、ほとんどだと思います。

 

そして、僕も自分たちの会社の価値をいかに伝えられるか?

僕らはオーナーさんとオーナーさんの家をず~っと守っていく使命があります。

まだまだですけど、僕ら自身の希少性の価値を高める為に、努力、勉強、行動にゴールは無いですね。

 

 

希少性と言えば、高知県での研修の帰りに、

高知竜馬空港のレストランで食べた、四万十海老!

高知県の希少な四万十川海老 写真

四国でしか食べられない?希少な四万十川海老

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国でしか食べられない!?と、思い注文!

テーブルに運んできてもらうと、なんとっ!?

海老の手がなが~~~い。

 

でも早速、実食!

味は美味しかったです!

ただ、この海老の長い手が、口の中に刺さりました・・・。

なかなか強敵な海老でした(笑)

 

 

Copyright © ray-out All rights Reserved.