岡崎市・幸田町の設計事務所

HOME > 社長ブログ > 微差が大差

微差が大差

2016-06-12

おはようございます。山本です。

 

 

今日は、7月中旬から着工予定のO様との打合せ。

 

打合せも終盤に入ってます。

 

大人カッコイイお家になるようにガンバリマス!

 

 

 

 

さてさて、本題に入る前に、

 

先日、会社に来た時に、何故か外に枯れた草がチラホラ落ちてるなぁ~。

 

と、思い、何故だろう・・・。

 

ふっと上を見上げると!?

 

スズメさんが、うちの会社の屋根の隙間を使って、新築を作られてました!

IMG_2015

何とも出来ないので、このまま新築工事を進めてもらうことにしました(笑)

 

 

 

次に、上の子が風邪をひきました・・・。

 

小学校でプールが始まっているので、

 

朝起きたら、熱を測らないといけないのですが、

 

熱を測ると、38℃あったので、小学校を休む事に。

 

でも、いたって元気でした。外を走り回ってました。

 

でも翌日、熱も下がったので、小学校に元気に出掛けて行きましたが、

 

お昼前に小学校から連絡があって、熱が出て、吐き気もあるので、

 

迎えに来て下さい・・・。

 

ちゃんと休まなかったので、こうなりました。

IMG_2018

皆さん、体調を崩したら、ちゃんと休みましょう。

 

 

 

さてさて、本題。

 

ちょうど二年ぐらい前に、高知県のタイセイホームさんの大崎社長、

 

愛媛県のウィンウィンホームさんに、工務店のあるべき姿を教えてもらいました。

 

いろ~~~~~んな事を教えてもらいましたが、その中でも、

 

『微差は大差』を教えてもらいました。

 

その内容とは・・・(一部内容を複製してます)。

 

良い会社、良い住宅会社、悪い会社、悪い住宅会社。

 

様々な会社があります。
 

うちの会社も良い会社、良い住宅会社になりたい!

 

毎日、そう考えてやってます。

 

でも、良い会社、悪い会社、

 

そこまで差はないように感じる時もあれば、

「まだまだかなり差があるな~」と感じる時があります。

 

たぶん、その差は普通の人から見れば微差。

 

しかし、その微差が大差です。

 

 

昨年の四国サミットで、

職人さんの前で、「微差が大差」という話をしました。

 

 

どんな話をしたのかというと・・・・・

 

 

 

 

 

日本人なら、みんな知っている富士山。

 

富士山はみんな知っているように、日本で一番高い山ですよね。

 

 

「富士山をみんな知っていますか?」 と聞くと、

 

もちろんみんなうなずきました。

 

 

 

「それでは皆さん、

日本で2番目に高い山を知っている人は手を挙げてください」

 

というと、誰からも手が挙がりません。

 

富士山の次とはいえ、

日本で2番目に高い山なのに誰からも手が挙がらないんです。

 

 

 

「日本で2番目に高い山は北岳という山です」

と言っても誰もピンときませんでした。

 

 

実は、北岳と富士山の標高差は583m。

 

その差は1.2倍くらいの差でしかありません。

 

 

しかし、

 

北岳と富士山の知名度は何倍どころの差ではありません。

 

その知名度の差は、

何万、何十万、いや何百万倍にもなるかもしれません。

 

たった1.2倍の差が何万倍もの大差になる。

 

 

これが微差が大差です。

 

 

 

モテる男かどうかを決めるのもちょっとした微差。(笑)

 

女性の笑顔が可愛いかどうかも微差が大差です。

 

 

 

 

だからこそ、

自分たち住宅会社にとってもこの微差が大事。

 

お客さんに人気のある家を建てている住宅会社と

人気のない会社との間には、そこまで極端な差はないからです。

 

 

設計も外観や内装デザイン、動線、収納、使い勝手、

どれをとっても一つひとつの微差でしかありません。

 

だから、毎日が細かい微差の追求です。

 

 

 

う~ん、

 

微差を考えれば考えるほど、まだまだ険しい道のりです。(^_^;)

 

 
うちの会社もタイセイホームさん、ウィンウィンホームさんに必ず追いついて、追い越したい。

 

 

 

 

『よしっ!今日も絶好調!』

Copyright © ray-out All rights Reserved.