岡崎市・幸田町の設計事務所

サンホームズ

HOME > コンセプト > 自然素材は良いの?

自然素材は良いの?


自然素材の家、というフレーズは、広く一般的になっています。
『木をたくさん使っている』『無垢材を使っている』『漆喰の壁』など、一口に自然素材の家といっても、人によってイメージは異なりますよね。
そして、自然素材の家だから何が良いのか、これも会社によって様々な説明がされています。

共感住宅ray-outがお伝えしたいのは、

 

 

『自然素材の家がすべてを解決してくれるわけではない』こと、

そして『やっぱり本物の素材には大きな魅力がある』ということです。

 

 

お家はさまざまな素材にささえられています

自然素材の家、とは言っても、基礎にはコンクリートや鉄筋が、躯体には強度を保つのに必要な金物が入っています。
窓枠は樹脂製のものが断熱性能面でもお手入れの面でも優れています。
自然素材をふんだんに使用することと、お家の強度や家族の健康を守ることは、イコールではないのです。

 

とはいえ、自然素材には大きな魅力があることも事実です。
唯一無二であたたかみがあり、時がたつにつれて『その家だけの味わい』が生まれてきます。

 

自然素材にこだわるのではなく、夢と愛着の為に自然素材を使う。
これが共感住宅ray-outの家づくりです。

 


 

岡崎市・幸田町で注文住宅を手掛ける共感住宅レイアウトの家づくりへのこだわり紹介ページへのボタン岡崎市・幸田町で注文住宅を手掛ける共感住宅レイアウトの施工実例ページへのボタン

 


 

岡崎市・幸田町で注文住宅を手掛ける共感住宅レイアウトがプレゼントしている資料セット

暮らしのレイアウト

素材以外のことももっと知りたい。そんなご家族へ、共感住宅ray-outのコンセプトブック、オーナーさまのライフスタイルブック、会社案内をセットにした『暮らしのレイアウト』をお届けしています。

 

 

Copyright © ray-out All rights Reserved.