実例から紹介!地鎮祭の服装 |共感住宅ray-out 実例から紹介!地鎮祭の服装 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

実例から紹介!地鎮祭の服装

岡崎市エリアで注文住宅を手掛ける共感住宅ray-outの地鎮祭の様子。お供え物をまえに神主さんが頭を下げています。

「わが家もいよいよ地鎮祭。
準備物も用意できたし、天気も良いみたい。
そういえば、当日はどんな服装で行ったら良いの?」
なんて、おもうことありませんか?


地鎮祭って、人生に何度も経験するものではありません。
部屋着はNGだとしても、個人的なものだし、気合入りすぎても変かなぁ…と、悩んでしまいますよね。
「実際のところ地鎮祭での服装ってみんなどうしてるの?」へのお答えとして、共感住宅ray-outオーナーさまたちをご紹介します。

  • 家族の中での服装のバランス
  • 季節によってかわるコーディネート
  • 上着から靴まで
  • スーツからラフ寄りまでの幅
  • 就学前~小中学生の子どもの服装

上記のようなことが写真でご覧いただけます。
服装の分類は、【カジュアル寄り】、【フォーマル寄り】の2パターンを設けました。
カジュアルがよりラフで普段着に近いもの、フォーマルはスーツなど着用です。
※実際のファッション用語・定義とはずれがある場合があります。

春~初夏の地鎮祭服装

【カジュアル寄り、小学生以上のお子さま】
夫:シャツにジーンズ、足元はスニーカー。
妻:カジュアルなシャツとジャケット、シフォンスカートに柄のあるパンプス。
お子さま:Tシャツと短パン、スカート。履きなれたクロックス。
岡崎市エリアで注文住宅を建てたご家族の地鎮祭の服装。小学生のお子さん2人で、カジュアルな装いです。

【カジュアル寄り、乳幼児のお子さま】
夫:モノトーンで統一された、シャツ+ジャケット+ハーフパンツ。カジュアルな紐靴。
妻:ダークネイビーのシャツに、白のワイドパンツ、足元はスリッポン。
お子さま:モノトーンで揃えた動きやすそうな服。
安城市エリアで注文住宅を建てたご家族の地鎮祭の服装。乳児のお子さんと3人で、カジュアルですがモノトーンでまとめてきちんと感が出ています。

夏の地鎮祭服装

【カジュアル寄り、乳幼児のお子さま】
夫:カマイユ配色の上下、シャツとチノパン。カジュアルな紐靴。
妻:白のトップスにロングのフレアスカート。足元はきれいなサンダル。
お子さま:デニム地の服。日よけの帽子も。
西尾市エリアで注文住宅を建てたご家族の地鎮祭の服装。乳児のお子さんと3人で、カジュアルで上品な装いです。

秋~冬の地鎮祭服装

【フォーマル寄り、就学前のお子さま】
夫:スーツ+黒の革靴。
妻:紺色で揃えたシャツとパンツ。足元はパンプス。アクセサリーにペンダント。
お子さま:ご両親の服の色と合わせた紺と白。靴は履きなれたもの。
岡崎市エリアで注文住宅を建てたご家族の地鎮祭の服装。幼児のお子さんと4人で、パンプスや革靴のフォーマル寄りのスタイルです。

【フォーマル寄り】
夫:黒のスーツに黒の革靴。
妻:黒のチェスターコートに白の綿パン。革の紐靴。
瀬戸市エリアで注文住宅を建てたご家族の地鎮祭の服装。ご夫婦2人で黒い上着のきっちりした装いです。

【カジュアル寄り、小学生以上のお子さま】
夫:チェックのシャツ+Tシャツにダウンベスト。赤のパンツ。靴はスニーカー。
妻:つやのあるトップスにボアジャケット。チェック柄のタイトスカートはミモレ丈。足元はパンプス。
お子さま:トレーナーに、ジーンズかスカート+タイツ。ジャケットできちんと防寒。
岡崎市エリアで注文住宅を建てたご家族の地鎮祭の服装。小学生以上のお子さんと4人で、カラフルでカジュアル、ご家族でまとまりのある装いです。


ここでご紹介しなかったオーナーさまもふくめ、全体で見るとカジュアル寄りのご家族が多いです。
特に小さなお子さまは普段通りの服装がよさそうですね。
(はしゃいで汚れる、高価な服だと親が気になってしまう、などありますから…)
乳児さんは、その子の特性にもよりますが、抱っこ紐の活用もおすすめですよ。

ご夫婦間の装いに色や形、テイストでまとまりがあると、「きちんと感」が出やすいんだな、という印象です。
カジュアルでも、白や黒のモノトーンでまとめると、フォーマルな雰囲気に近づきますね。

マイホームづくりに気合が入って、「地鎮祭のためだけに服をそろえる!!」のは、ちょっともったいないかも。
とはいえ、神様に土地を使う許しを得るためのおまつりなので、引き締まった気持ちになれる服装を選びたいですよね。
ご家族で事前に話し合って、心ひとつに望めるスタイルを決めることが、一番大切なのかもしれません。

まとめ

  • 地鎮祭の服装は、カジュアルが多め
  • カジュアルでもモノトーンだとよりフォーマルに近い印象
  • 家族のなかで服装にまとまりがあると、きちんと感が出やすいかも

written by 清水 あかり

PRデザイナー 2015年入社 趣味:読書、ものづくり、絵を描くこと
「共感住宅ray-outと家づくりしたら、どうなるの?」を皆さまに知ってもらえるように、写真撮影や広告づくり、SNSでの発信をしています。