木のちから。 |共感住宅ray-out 木のちから。 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

木のちから。

木のちから。

こんにちは、清水です。
洗車に行った次の日に、雨に降られてホイールが泥だらけになりました。
そういうもんだよなぁ、と言い聞かせつつ、なんだかやっぱり悲しかったり。

 

矢作の方でもうすぐ完成のおうち。
この間、オープンハウスの準備へ行きました。
すでに何度か訪れているおうちですが、とっても落ち着いた雰囲気が好きだなぁと思います。

中でも、2階にある笠木が、「良いなぁ」としみじみ感じ入るポイント。
ここ、オーナーさまの昔のおうちの物を使っているんです。
仕上げの違いはあるのですが、布巾で拭いていると、年月の重みのようなものを感じます。
と同時に、いまでもきれいに姿かたちを保っていられる、木という素材の力に驚かずにはおれません。

 

岡崎市で新築されているお家の2階には、旧邸で使われていた笠木がついています。年月の重みと木という素材の力を感じるポイントです。

今新築のこのおうちも、いずれはこの笠木のように、年月を感じさせる場所になるんだろうなぁ、なんて、想像が…。
オーナーさまが、おうちのことを好きになって、幸せに過ごされると良いなぁ。
これはいつも思うことですね。

 

岡崎市だけでなく、安城や知立でも、マイホームのパートナーやってます。
共感住宅ray-outの清水でした。

 

 

 

written by 清水 あかり

PRデザイナー 2015年入社 趣味:読書、刺繍、絵を描くこと、夫婦でお酒をのむこと
「共感住宅ray-outと家づくりしたら、どうなるの?」を皆さまに知ってもらえるように、写真撮影や広告づくり、SNSでの発信をしています。