地縄マジック |共感住宅ray-out 地縄マジック |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

地縄マジック!

長く続いた雨がやんだと思ったら、いきなりの猛暑でこたえますね。清水です。
日に当たると物凄く疲れませんか?
しっかり寝ないと疲労がとれない(+夜中に子どもに起こされる)ので、夏はなかなかつらい季節でもあります。

 

先日は上棟式がありましたが、また岡崎市でご新築!
8月から基礎着工するおうちの、地縄を張りにいってきました。
地縄張りに同行するのは久しぶり…。

前日には大雨が降っていたにも関わらず、現場監督:山田のブルーシート作戦のおかげで、ぬかるみゼロ!
強い日差しも手伝って、歩きやすい土の上で動くことができました。

地鎮祭前に新築地で地縄を張っている共感住宅レイアウトのスタッフ

地縄張りをすることで、「この土地のここに、こういう形で基礎を打ちますよ~」というのがきまります。
基礎予定地の角に杭を打って、縄ではなくビニールひもでつないでいくと、
なにもなかった土地に、家の気配が現れる。そんな瞬間が見えるのは、地縄張り特有のものですね。
ひそかに「地縄マジック」と呼んでおります…。

さて、これで地鎮祭の準備が始まりますよ~!
これから始まる家づくり、楽しみです。

幸田町、岡崎市など三河地域で注文住宅を手掛ける共感住宅ray-outの清水でした。

 

 

 

written by 清水 あかり

PRデザイナー 2015年入社 趣味:読書、刺繍、絵を描くこと、夫婦でお酒をのむこと
「共感住宅ray-outと家づくりしたら、どうなるの?」を皆さまに知ってもらえるように、写真撮影や広告づくり、SNSでの発信をしています。