細いストローと気密測定。 |共感住宅ray-out 細いストローと気密測定。 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

細いストローと気密測定。

こんにちは、清水です。
このごろ、花屋さんへ行くのが楽しくなりました。
季節の花をフラワーベースに飾ったり、吊るしてドライにしたり。日々楽しんでます。

 

共感住宅レイアウトでは、基本的に出来上がったおうちの気密測定をしています。
少し前になりますが、その日に立ち会うことができたので、
「これって企業秘密じゃないですよね!?」とビビりながら写真をパシャリ。
そして、ちょっとおもしろいお話を聴くことができました。

 

グレーのパイプをセットして、空気を吸っているところです。

測定の方法はとってもシンプル。
ドアや窓を全部閉じて、このグレーのパイプで家の中の空気を吸います。
『どれだけの量の空気が吸えるか=どれだけの隙間が家に空いているか』
(ものすごく簡略にお伝えしております!)

 

そこで。
ストローって、太いものより細いほうが楽にいっぱい吸えますよね。
このグレーのパイプも、細くなればなるほど効率的に空気を集められるんです。
逆に、太いパイプでもOKなおうちは、それなりに空気が集まりやすい(=隙間が比較的多い)のだそう。
なるほどなぁ~と、思いました。

注意したいのは、「気密が良いことが嬉しい」「C値が小さければ偉い」のではないということ。
家族の健康や安心にはね返ってくる、というところが大事なんです。
その他の家の性能も、同じですよね。

とはいえ。
共感住宅レイアウトのおうちの気密が気になる。C値を知りたい。
そんな方もきっといらっしゃると思います。
是非、スタッフにおたずねください( *´艸`)
ちょうど7/13-14に岡崎市で完成見学会がありますので、きっかけにいかがでしょう、気密のお話。

 

幸田町・岡崎市・豊田市を中心に、ご家族のマイホームをかたちにするパートナー、共感住宅ray-out(レイアウト)の清水でした。

 

 

written by 清水 あかり

PRデザイナー 2015年入社 趣味:読書、刺繍、絵を描くこと、夫婦でお酒をのむこと
「共感住宅ray-outと家づくりしたら、どうなるの?」を皆さまに知ってもらえるように、写真撮影や広告づくり、SNSでの発信をしています。