地震被害予測 |共感住宅ray-out 地震被害予測 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

地震被害予測

先日、鯨の缶詰をもらいました。

鯨って長いこと食べた記憶がありませんので、味もあんまり覚えてません(^^;

一品足りないときに食べてみようと思います(^^)

岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の野口です。こんにちは。

 

IMG_3833

 

僕は豊田市南部に住んでいますが、月に2回来る広報に、

 

地震被害予測が載っていました

 

以前作ったものから、東日本大震災を踏まえて更新されたそうです。

更新された結果、

 

ワンランクずつ震度予想が強くなりました(^^;

 

いつか来ると言われている南海トラフ地震での予測ですが、

 

どれぐらいのが来るの?

 

・・・という漠然としたイメージが、資料を見ていただくと少しだけはっきりすると思います。

岡崎市のHPでも岡崎市の内容を公開しています。

http://www.city.okazaki.aichi.jp/1100/1113/1177/p018344.html

 

資料をパッと見るとわかりにくいので、ざっくりお話しすると、

・過去に起きた最大地震で考えると震度は5強から6弱の地域が多く、一部6強の地域がある

・理論値最大地震で考えると、震度は5強から6弱の地域が多く、一部7まで想定される

・電気ガス水道などのライフラインは1週間程度あれば復旧する地域が多い

 

建物の倒壊数などのデータもありますが、古い家は倒壊しやすく、新しい家は倒壊しにくいので、確率の数字だけでは判断できません(^^ゞ

地震によってどれぐらいの影響が出るかはわからないので、地震保険というものは必要だと思いますが、

予測をある程度信じるとすれば、過度に恐れることはないのではないでしょうか(^^)

 

お住まいの市町村ごとに結果がまとめられていると思いますので、見てみてはいかがでしょうか?

追伸:幸田は最新版がみつけられませんでした・・・愛知県版などをご覧ください(^^;

 

 

written by 野口 高司

デザイナー 2007年入社 趣味:車、家電、掃除
建築士として、設計をしています。 「車を駐車するところから家は始まっている」という考えから、家だけでなくエクステリアもトータルでデザインします。