ヒートショックゼロ月間 |共感住宅ray-out ヒートショックゼロ月間 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

ヒートショックゼロ月間

 おはようございます。

12月に入りました。冷え込みがもう一段階進み、深夜+早朝はとても寒いと感じます。

テレビ番組でこの時期になると取り上げられる「ヒートショック」はご存知でしょうか?

 

年間に報告されているだけで17,000人以上の方がこのことが原因で入浴中、急死されているという発表がされています。

 

冷え込んだ脱衣場で急に体温が奪われ血管がちぢんで血圧が急に上がる。湯船につかって熱さで血管が広がって血圧が急速に下がる。こうした血圧の急変動が意識障害を招き、おぼれる恐れがあるという。

脳卒中などの発症のおそれもあるほか、湯に長く熱中症もあると聞きます。

冬の入浴って怖いですね。

寒いからささっととか、長風呂しようとかは体にかなりの負担を与えてしまっているそうです。

 

予防策で浴室+脱衣場を暖めることを、強くお勧めしています!

目標は25°以上 28°でも構いません。

 

実際、寒い風呂に入っていたころは僕でも、妻でも立ちくらみの経験があります。

高齢の方はとにかく暖房を、高齢の方と同居、または知り合いがおられる場合は積極暖房を促してください。

 

レイアウトの「これが僕らの家づくり」には快適さと健康を考えることもひとつの課題として取り組んでいます。

 

大事な家族を守りたいから…

 

それではヒートショックゼロ月間はじめましょっ(‘◇’)ゞ

 

現場監督 堀野 兼司

 

 

written by 堀野 兼司

イエナビ 2005年入社 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、DIY
お金のこと、土地の決済、家の性能、ゴルフ、野球…なんでも話せるマルチプレイヤー。 家ナビゲーターとして、コンシェルジュをやっています。