地上30cmの世界で過ごす赤ちゃんやペットの環境 |共感住宅ray-out 地上30cmの世界で過ごす赤ちゃんやペットの環境 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

地上30cmの世界で過ごす赤ちゃんやペットの環境

FIFAワールドカップ2018 。サムライブルーの死闘に日本は盛り上がりましたね。
こんにちは。共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野です。

 

7月に入りました。関東地方は梅雨明けしましたが、東海地方はまだまだ梅雨の真っ只中。
『日中はずっと曇り、夜にざっと雨』みたいな空模様で、ムシムシした日が続いています。

岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅レイアウトの会社画像

近年の春から夏の気温について、
僕たちが子供だった頃よりも、少しずつ気温は高くなっていて、確実に熱い日が続いています。

 

僕が一番心配するのは、赤ちゃんやペットです。
なぜなら、赤ちゃんやペットは、僕ら大人より確実に低い地上30cmくらいの世界で生活しています。
先日の夜でも、ペットのチワワと散歩していたら、チワワが呼吸困難になってしまうくらい、
地上30cmは高温多湿で呼吸が苦しくなる程悪い空気環境です。
ベビーカーに乗せて赤ちゃんと散歩する場合、心配するのは直射日光だけではありませんよ。

 

子供が保育園・幼稚園・小学校に通うようになれば、
朝からアスファルトの上を歩いて登校をし、炎天下のもと体育の授業を受け、
そして帰りもアスファルトの上を歩いて帰る。

大人がコントロールする子供の住環境|岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅レイアウト

子供たちは、毎日のように体力を消費していきます。
『決して贅沢させろ』というわけでなく、消費した体力を家で回復できるように、
家での環境を確保してもらいたいのです。

 

僕らが子供の頃とは、確実に違う厳しい世界があるのです。
子供の健康を守るために、空調でなるべく体調をコントロールしてあげてください!
そして、この夏も元気いっぱい楽しんじゃいましょう‼

 

岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野でした。

 

written by 堀野 兼司

イエナビ 2005年入社 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、DIY
お金のこと、土地の決済、家の性能、ゴルフ、野球…なんでも話せるマルチプレイヤー。 家ナビゲーターとして、コンシェルジュをやっています。