僕が「住宅屋さん」をしている理由 |共感住宅ray-out 僕が「住宅屋さん」をしている理由 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

僕が「住宅屋さん」をしている理由

こんにちは、共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野です。

 

今回、住宅雑誌の取材を受ける機会があり、
改めて住宅業界で仕事をしている僕らが「今何が足りていないのか」という事に気がつきました。

 

日本には『心技体』という言葉があって、
心・技術・体の3つのバランスが整ったとき最大限の力が発揮できるということ。
心・技術・体は学校で教えてくれるが、心だけはどうにもこうにも評価されにくい。
日本人ならではの『心配り』は、多くの方々が海外を知ることにより、ダサいことにでもなってしまったのか?

 

木造住宅についても、風土というものがあるため、
1つのものを採用するには、科学して最低3つの前進を創り出し、実行していかなければ、技術の進化とは言えない。
そこは、住宅会社が勝手に進化して行けばいいことだけで、
技術の話をベラベラ喋ったところで、お客さまの幸せにはなりません。

 

僕はここ数年、『戸建て住宅について』というテーマに携わらせていただき、
その経験を元に自分の家を造ることが出来て、本当に感謝しています。

 

話は戻って『心』の話。
いい家ってなんですか?という質問があります。
その答えは、お客さまから聞き出さなければ出てきません。
つまり、建築家自身がお客さまに聞いてあげる『心配り』が必要なのです。

岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける工務店の共感住宅レイアウトが大切にしている心配り

『聞けば難しい課題が出てくるので、やめておこう・・・』では、いい家は完成しません。
だから、企画住宅なんて本当にナンセンスだと僕は思います。

 

雑誌の取材で思ったことは、雑誌の多くは技術の話ばかり。
雑誌は、住宅取得を迷っている方々に送るもの。
僕と家づくりをはじめた方で、最初に技術の話をしてきたのは建築関係の方しかいません。

 

『何故こんなことになっているのだろう?』と、考えれば考えるほど
『自分は住宅をつくらないと、やばい事になりそうだ。』
そんな危機感・使命感から、僕は住宅屋さんを続けています。

 

岡崎市・豊田市・幸田町を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野でした。

 

written by 堀野 兼司

イエナビ 2005年入社 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、DIY
お金のこと、土地の決済、家の性能、ゴルフ、野球…なんでも話せるマルチプレイヤー。 家ナビゲーターとして、コンシェルジュをやっています。