長崎県の軍艦島 |共感住宅ray-out 長崎県の軍艦島 |共感住宅ray-out

ブログ ブログ

長崎県の軍艦島

こんにちは。岡崎市を中心に注文住宅を建てる共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野です。

 

エネルギー資源確保の最前線は、とても大変!
炭鉱を掘る作業を昭和47年まで行っていた、長崎県の軍艦島。

 

長崎の軍艦島|岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)

写真でよく見る島は炭鉱マン一家の住処
なんと、地下600mで温度39℃湿度90%の中で作業していたそうです!

真夏の屋外以上に、過酷な状況で8時間の作業。

すごいことです。
給料はそれなりの額が出ていたそうですが、きつい作業だったでしょう。

そんな歴史を経て今があると強く思いました。
だから世界遺産になったのかな?

エネルギーは大切に使わなければいけませんね!

 

長崎の軍艦島|岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)

 

岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野でした。

 

 

written by 堀野 兼司

イエナビ 2005年入社 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、DIY
お金のこと、土地の決済、家の性能、ゴルフ、野球…なんでも話せるマルチプレイヤー。 家ナビゲーターとして、コンシェルジュをやっています。