スタッフブログ

infomation

地盤改良のお話。

2020-08-19

こんにちは。
岡崎市を中心に注文住宅を建てる共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野です。

モデルハウスの地鎮祭から早くも地盤改良工事を終えて基礎の工事に入りました。
7月は雨でどうなるかと心配しましたが
8月末の上棟に向けてどんどん工事は進んでいきます。

今回は改良についてのお話。
「地盤改良」というフレーズは、
一般の方も認知されてきたかなぁという感じはしてきています。
もちろんほんとにはじめてという方も見えるのでそのための戯言です。

地面に対してお家が乗っかるので、
重量を考えて建物が傾かないか検討した結果
どうしたら保険に入れるかというもので、
改良の有無でこの土地はダメだというものでもありません。

僕らはどの物件も地盤調査をします。
今時どこの建築物もしていると思いますが…

改良で1番嬉しいのはやはり無くても保証が出た場合です。
予算の削減になるので、大抵喜ばれます。
作り手側からも喜んでもらえるのは嬉しいことです。

しかし忘れないでね。
改良工事が有りと判定されても決して、ダメな土地なわけではないということを!

地盤保証に関してはまた機会があればお話させていただこうかな。

さらに!
改良には方法が複数あるのです。

今回は1番オーソドックスな「柱状改良」を選びましたが、
その検討も改良が有りになる度に行っています。

他の工法についても機会があれば…野口さんが動画でやってくれないかな…

今日もガツガツ作業は進んでいると思います。
またレポートさせていただきますね。

岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野でした。

 

 

Copyright ©ray-out. All Rights Reserved.