スタッフブログ

infomation

家づくりのご質問

2020-04-02
今月も引渡おめでとうございます

こんにちは。岡崎市を中心に注文住宅を建てる共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野です。

今月もお引渡しおめでとうございます。

今月も引渡おめでとうございます

さて写真とは関係ない話で家づくりのことについて、先日ご質問いただいたことをひとつ

そこに住む人ではない、親族の方より

この家は「イマイチだね」と。
その心を聞くと、実家機能(勝手に決めた)を持っていないといけないのに
私が帰ってきたときに安らぐ場所がないじゃないかと。

確かに住む人のことは考えているが、そこまで配慮はできていない。

1日2日程度の宿泊ならできるが、1ヵ月2ヵ月となると話しは別ですもんね。

ご意見いただいて考えはまとまらないが、
そこまで購入する人が準備すべきなのか?と今は考えております。

やはりいくら兄弟でも、もう新しい所帯を持ったら
そこは自己責任でいかなければいけないのではないのかと…

僕は常々、家を持ったことを自慢してはならないと言っています。

その歳になれば、誰も扶養してくれることなく生活はしていかなくてはならない、
夫婦はその分担の形なのです。

毎日不断の何かを重ねた結果がこの違いなのです。

家づくりはいろんなキャストで成り立っています。

価値観の違いを自慢しても、良いことなど何もありません。

それぞれに幸せが届けばいいのですがね。

岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野でした。

 

 

Copyright ©ray-out. All Rights Reserved.