空き家問題

2018-09-27

先日5年前にお引渡しさせていただきました家族を訪問してきました。
その日はご主人さんが3人のお子さんの面倒を見ていて、
「パパぁ!うんち出タァ」と長女が声をあげる微笑ましい情景(`・∀・´)
こんにちは、岡崎市を中心に注文住宅を建てる共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野です。

空き家問題| 岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)

さて今回のことは、空き家問題。
自宅の横に建つご両親のお家。
今は空き家となっていて、この状態で貸しても…
どうしたらいいのか?という相談を受けに行った形になってしまいました。

空き家問題| 岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)

たしかに思い出の詰まったお家をどうこうするって本人達には引ける思いがするのは、みんな一緒です。
僕も第三者だからアドバイスできるのです。
今回の場合は『解体して駐車場にして固定資産税分だけでも土地に働いてもらう』
もしくは『解体して更地売却する』を進めさせていただきました。
今のままでは一般サラリーマンが自宅の横に別荘を持っている状態なので、
固定資産税と敷地の管理で手がいっぱいです。
空き家に対しての税金も控除があればなんとかですが、維持費で大切なお金が無くなってしまいます。

こんな方いっぱいいるのではないでしょうか?
ぜひお早めにご相談ください!

 

岡崎市・豊田市を中心に注文住宅、新築一戸建てを手掛ける共感住宅ray-out(レイアウト)の堀野でした。

 

 

Copyright ©ray-out. All Rights Reserved.