愛知(岡崎市・幸田町)で新築 注文住宅を建てるなら必見!ray-out(レイアウト)

お電話でのご予約・お問い合わせ

0564-63-6181

家づくりに関するお問い合わせ
コンタクトフォーム
無料資料請求はこちら
申し込みフォーム
HOME > スタッフブログ > 母の病気から教わったこと。

母の病気から教わったこと。

2015-10-14

 

 

こんにちは 恵里奈です

 

 

母が 「乳ガン」  

父が 「前立腺ガン」

 

と診断され、看護・介護が身近に感じる今日このごろです。

 

 

盲腸が破裂していても、

腹痛を我慢していたくらい強い母。

 

乳がん発見から6か月、

不安な生活が続き、弱音をはくようになり

朝から私の携帯にかけてくるようになりました。

 

 

病院の先生の説明が早すぎて、

内容が理解できない・質問する間がないなど

先生の説明不足と、両親の理解不足が原因で

母のストレスが限界に達してしまいました・・・

 

 

入院・退院を繰り返し、手術延期から4か月。

どうにもならず、看護主任に相談して、

母の理解ペースに合わせて話してくれる先生に変更してもらい、

現状と今後のスケジュールを確認してきました。

 

 

乳がんのステージがⅠ~Ⅱへ進行していること、

肝臓の数値が高い原因は不明なのは変わらないので

私の不安は残っていますが、

母は、主治医を変えてもらってやっと安心できると喜んでいます。

 

 

相手は医者としてプロですが人間です。

ミスもあるし、自分のペースを変えられない人だっている。

だから患者として、分からない事があれば聞かないといけない。

どうしても合わなければ、限界に達する前に相談する事も必要。

 

 

私たちは、プロとして接客する立場になる時もある。

知りたいお客様には、丁寧に説明する責任もある。

お客様の理解ペースに合わせて話す必要もあるし、

説明が不十分で混乱させてもいけない。

話し方はもちろん、聞き上手になることも大切。

 

 

親孝行のつもりで付き添いを引き受けましたが

逆に、貴重な体験をさせてくれた母に感謝し、

病気の完治まで、出来る限りの親孝行をしようと思いました~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © ray-out All rights Reserved.